2007年1月11日 (木)

おんなひとりで

「鉄コン筋クリート」を見てきた。

アニメだけど、面白かったです♪

なんたって蒼井優ちゃんの声が超キュート!!

シロの無邪気な赤ちゃん言葉がめちゃめちゃかわいい!!

二宮君もいい感じ♪

あんなに小さな子供なのに、町を守りたいって言う気持ち、シロを守りたいっていう真っ直ぐな気持ちに心打たれた。

真っ直ぐで純粋で、大人がいつのまにか忘れてしまったものを思い出させてくれるような映画でした◎

友達と別れ、一人ふらっと海の見える道をドライブしに行きました。

途中、ちょうど日の入りに出会い、道に車を止めて、日の入りを見守りました。

一人でぼーっと見ていて、

ふと、思いました。

女一人、海で夕日

これってやばくないか???

我に返り、横を見ると、

同じ様に夕日を見ていたのだろうおじさんが一人...

あ、コレ、絶対私やばい!

交通量の多い通りなのに、恥ずい…(><)

急いで、写メだけ撮って車に乗りました◎

一人で夕日を撮ってるときの虚しさは、なんとも言葉では表現できないほどです。

でも彼に送ろー♪と思って、そこだけは恥ずかしくても、ちょっとイタくても譲れなかった!!

夕日の写真、彼に送ったけどイマイチな反応でした。。

あんなに恥ずかしい思いして撮ったのにー(;_;)

ぶぅー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

プラダを着た悪魔

見てきました♪

アン・ハサウェーがかわいい。超かわいい。

映画見ていて、私もおしゃれがしたくなりました!!

どんな服もおしゃれでかわいいのに、全部似合うし、うらやましいーーー!!!!

ラストで、悪魔が優しさをみせたことにとても感動しました。

すごく楽しくていい映画でした。

ショッピングに行きたくなったけど、あと少しでバーゲン!!
それまで待ちます~♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

映画の後、スタバで友達と話そうと向かいました。

そしたら、「クッキーのチーズケーキ」(←多分こんな名前だったような気がするけど、違うかも…)の試食があったんです☆

スタバで試食を見たのは初めてで、驚きました。

レジに行くと、ケーキが置いてあって、「試食ですので、良かったらどうそ」と店員さんに言われ、もちろん大喜びでいただきました(*^^)v

めちゃめちゃおいしいです!!

スタバに行く機会があればどうぞ召し上がってみてください◎

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月 6日 (水)

インサイド・マン

ツタヤ100円dayにDVDを借りに行きました♪

借りたい映画が既に借りられていて、しばらく返ってこないか張ってました(笑)

2人でウロウロしてたら、彼の研究室の先輩方に出会いました。

こういう時ってどうしたらいいか分からないんだよねー!!

顔は覚えてるけど、私が挨拶したら変な気もするし。
でも前肉まんを奢ってもらったのに、挨拶しないのは失礼??

…といろいろ悩みます(u_u*)

でもシャイな彼は(笑)あまり私といるところを見られたくない様で、借りるために並んでいる時も一緒に並ばずに、さり気なく気を使って「あっち見てくる」と言って離れてみたり。。

それでも狭いツタヤの中では、先輩方によく会うため、本当に気まずかったよぅ…

今度は爽やかに挨拶してみようかなー(*´ -`)

そして、今日はインサイド・マンについての感想を書きます★

インサイド・マン

人質を取った銀行強盗の話。

犯人は人質と一緒に出てくるため、誰が犯人か分からないんです。

そして犯人の目的も。

犯人とデンゼル・ワシントンの心理戦は飽きなかったし、面白かったです。

ただの強盗の話ではなく、犯人は銀行取締役会長の悪事をつかみ、悪事により儲けたダイヤのみを盗んでいく。

本当に犯人は賢いんです。

人質と犯人がみんな同じ服を着て、少人数ごとに部屋に入れられていて、たまにシャッフルされる。

そして犯人もたまに、人質としてその中に入り、怯えたフリをする。
誰かが証人となるように。。

会長のダイヤは、盗まれたものとして警察へは報告されないし、犯人も分からないため、捜査は打ち切り。

唯一、声を警察に聞かれている犯人の1人は、1週間銀行で隠れ続け、捜査が打ち切られた後、悠々と出てくる。

「入り口から入り、入り口から出て行く。」 その言葉通り。

全てにおいて、犯人が1本上手!

モデルガンだったし(笑)

でも、スッキリしなかったコトがいくつか。。

まず、なぜ犯人は銀行取締役会長の悪事を知っていたのか。

それを警察にうまく伝え、追い詰めさせるとこなんかはかっこいいね!
実際に誰も殺さなかったし、子供に悪影響を及ぼすようなゲームも注意しようとしていたし、本当はいい人なのかも・・と思った。

会長との関係が何かあったのか、そんな気はするけど、はっきりしなかった。

他に疑問なのは、ジョディ・フォスターが何者だったのか。

なぜ、外で現場を張っていた警官が盗聴されているを知っていたのか。

謎はいくつかあるけど、犯人が本当の凶悪犯ではなく、悪事を隠し信用を得てきた会長がどんどん追い詰められていく展開が面白かった~~◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

SAW

彼に付き合って見ました◎

結構えぐいと聞いていたけど、そこまでではなかった。
ブラックダリアに比べればなんてことはないかな~

ホントに最後の最後まで犯人が分からなくて、ラストで死体がむくっと起き上がった時には、2人して「わぁー!」と叫んだ程驚いた。

途中ちょっと黒人警官かとも思ったし、妻と子供を縛っている男の顔が出てきてからは彼が犯人だと信じきってた。
まさか、あの死体だとは。。
彼とも言っていたけど、
7、8時間も全く動かずにいられたあのおじいさんがすごいよ。

ちゃんと奥さんと子供が助かったとこあたりは、話しがうまく作られてて◎
あれで2人も死んじゃったらかなり凹むから~

サスペンスもまたにはおもしろいですねぇー!!

見始めが深夜1時くらいだったからかなり睡眠不足です。。(>_<)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

大停電の夜に

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産)

先日↑↑の映画見ました◎

とてもいい話です。

こう心がぽ~と暖かくなるんです。

心の中にロウソクが燈るように。

実際、この話しにはロウソクがたくさん使われています。

すっっっっっっごーーーーくキレイ☆☆

キャンドル欲しくなりましたw
あんなにたくさんのキャンドルを燈してみたい!

クリスマスイブの日に、大停電が起こる。
12人の様々な思いを持つ人たちの、小さなドラマが交差していくラブストーリー。

不倫を清算した人、昔の恋人に出会う人、昔手放した子供に会う人。
いろいろな愛の形が描かれている。

私は特に田畑智子が好き。
なんかかわいっくて♡

豊悦のことが好きなんだよね、多分。
そこのとこははっきりさせていなかったけど、あれから一緒に旅行に誘ったのか、気になるところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

幸せな出来事~『嫌われ松子の一生』~

最近どうしても見たい映画がありました。

それは、『嫌われ松子の一生』

前の記事に書いた通り、中谷美紀が好き♡
それに、本も売れてたし、友達もおもしろかったって言ってたし!

本を読もうかとも思ったんだけど、せっかく中谷美紀が主演なら、やっぱ映画を見るべきでしょ!!
それで結構前からレンタル開始日を心待ちにしていたんです。

そしてそして、
昨日ついに見ちゃいましたっっ!!!!!

実はレンタル開始以降毎日レンタルビデオ店に通いました(笑)
初日に行ったけど出遅れたらしく借りれなかったんです。

私の熱意を見て、彼も一緒に通ってくれてました(笑)
スーパーの帰りに行ったりして。

昨日は、私も彼もそれぞれ飲み会でした。

私が帰ってしばらくして、彼から着信

「ビデオ店に行ったら1本あったで」って(≧∇≦)

帰りに寄って見て来てくれたらしい。
近くに2つのレンタルビデオ屋があるんだけど、2つの店とも見てきてくれてみたいなんです。

私は一気に気分↑↑

何より、私のためにビデオ屋回ってきてくれたことがうれしい♪♪

それから一緒に見ることにしました。

彼が飲み屋で「お土産」のお菓子がついてきたらしく、それを食べながら◎
彼はあまり好きじゃないものだけど、私は大好き(*^-^*)

「ゆのと一緒に食べようと思ってな」って言うし、なんかやさしいよ!!??

昨日の私はとってもご機嫌でした(*´∇`*)

  .。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*

『嫌われ松子の一生』

すごくおもしろかったです♪♪

松子はかわいそうだけど、暗~~~い気分にならないし、笑いの要素もあり◎

彼曰く、「瑛大がいい」とのことです。
演技うまくて◎◎

「殴られてもいい。ひとりぼっちじゃないから。」そう言う松子にちょっと共感しちゃいます。

さすがに私は殴られるのは嫌だけどw

今ドラマしてるけど、映画の方が断然オススメですよ~(*^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

『7月24日通りのクリスマス』

友達に映画のチケットをまた頂きました♪♪

迷った末に、『7月24日通りのクリスマス』を見に行ってきました。

中谷美紀&大沢たかおは私の永遠の憧れです♡♡

『ただ、君を愛してる』、これも見たかったんですよね。

みんながすごくオススメって言ってたし。

でも一緒に行く人は乗り気ではなかったので、『7月24日通りのクリスマス』にしました。

ストーリー的には、面白さゼロです・・笑

まあいいんです。期待してなかったから◎

でもラブコメって完璧に展開が読めたとしても、心が暖かくなってなんか好きなんですよね~!

っていいなって心から思いました。

好きな人に近づきたくて、見てほしくて、服装を変えたりって気持ちすごく分かる!!

私の今の服装の系統(?)は、前気になる人がいた時に、その人の好みに合わせて変えたんです。
もうがらっと。

「大人っぽくてきれいめが好き」だと言われたんですw

読む雑誌、服を買う店全部変わりました。髪型も。

今はそれが気に入ってるから、そのままです。

そうやって一つ一つの恋を経て女ってキレイになっていくんだろうな。

いくつになっても、そういう気持ち忘れたくないな。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006年11月 8日 (水)

メッセージ・イン・ア・ボトル

昨日、友達と串揚げを食べに行きました。

10本セットコースをいただいて、非常においしかった☆

場所変えてお茶しに行ったのですが、ケーキを食べてしまった…。
洋梨のタルト(*>∀<)

先週は学祭もあり甘いものばかり食べたし、飲みにも行ったし、カロリー摂取量が半端ないと思う。

実は昨日帰ってからアイスも食べちゃったし。。

ダメだなと思いつつ、つい…(^ー^;)

さて、やっと本題です。

最近映画を見ることにハマっていて、タイトルにも書いたように「メッセージ・イン・ア・ボトル」という映画を借りてみました。

古い映画です。でも「イルマーレ」見て言葉っていいな〜と思い、影響されてかりました。

言葉は綺麗で素敵でしたが、ハッピーエンドじゃない!

私はハッピーエンドが好きなので、いまいちでした。
でも、すごく切ない話です。
好きな人が、自分ではない人をとても愛してるんです。

私が彼女だったら、彼の口からその人の話を聞くだけでも耐えられないと思います。
だけどそんな彼が好き。

共感できる部分はすごく多かったです。

ハッピーエンドが良かった(〃__)σ‖

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

ハズレ

忙しくてなかなか映画の感想がすぐ書けなかったのですが、今日こそ『ブラックダリア』について書きます!

はっきり言って見なくて良かった。。。

私はサスペンスっぽいのを想像していたんだけど、どっちかって言うとホラー。

気持ち悪いし、恐い。

私、ホラーだけは駄目なんです。鳥肌が立ちました。

やばいっ!と危険を察知してこまめに目をつぶってましたw

話も結構分かりづらくて…私には×

思い出すと気持ち悪くなるので、ここまで!!笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月31日 (火)

『イルマーレ』

かなり良かったです☆

(これから見るって人は、読まない方が良いと思いますw)

なんかこう心が温かくなるような、優しいラブストーリー。

韓国のリメイク版と聞いていたけど、確かに時空を超えた恋って、韓国っぽい感じがした。

でもめちゃめちゃ感動!!!というのではなくて、穏やかでシンプル。

時空を超えて手紙のやり取りをするわけだけど、言葉って素敵だなっ改めて思う。

口に出来なくても、言葉では素直に伝えられたりするもん。

2人は会うことは出来ないのに、時空を超えた手紙のやり取りが、近くにいるようで切なかった。

だけど2人は会ってたのね!

まあアレックスはケイトだと分かっていたんだろうけど。

ケイトはでも違う彼氏といる。

そりゃ言えないよね。

でも、確かにあの時にも、二人は惹かれあってた。

きっと、いつであっても惹かれあう存在なんだろう。

「明日会おう」って約束。「イルマーレで」

ケイトの明日。

でもアレックスの2年後。

その時は会えなかったけど、アレックスは待っていた。2年もの間。

純愛だね!

過去と未来なのに、アレックスのプレゼントは2年を経てケイトへ届くのが素敵だった。

木も、『説得』という本も。

最後の結末、私は途中で気付いたんだけど、彼は始めに事故にあったのがアレックスだと気付いていたらしい。

みんな気付くもんなの!??

私鈍感なのかなぁ。。

二人のようにあんなに惹かれあう関係って羨ましい。

お互いがお互いを必要としていて、まさに相思相愛。

実際のところそういうカップルって少ないと思うもん。

相思相愛。まさに私の理想だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)